大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマスプレゼント 

長尾です。

金曜日の夜に天王寺のソフマップに寄ってきました。

特に用事ということではなかったのですが、電機屋をブラブラするのが好きです。

以前に購入した任天堂DSのソフトでも見ようとしていたのですが、店員さんの持っていたプラカードに即反応してしまいました。

「今ならフレッツ光に申し込むとプレイステーション3が980円に!」

早速、話を聞いてみて申し込みを検討しました。

現在はKDDIのADSLとNTTの固定電話というオーソドックスな組み合わせで大体8,000円ほど月に払っています。

それと比較しても月々に支払う料金はほぼ変わらずでしたので、申し込みしました。

で、プレイステーション3とHDMIケーブルを980円でゲットしました!

4948872411301.jpg

これは今年はいろいろ大変な年だったので自分へのクリスマスプレゼントにしようと思います。

ちなみにソフトはウイニングイレブンとファイナルファンタジー13です。
(グラフィックは感動ものです)
ff06.jpg

購入して分かったのですがプレイステーション3はブルーレイの再生だけでなく写真の管理やインターネットブラウザ、仮想空間サービスなど機能がかなり豊富です。

年末年始の休みでいろいろ遊んでみようと思います。

それではまた次回です。


スポンサーサイト

高級ブランド物が売れない 

曽田です。

高級ブランド品が売れていないようです。


フランスのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの日本国内の1~9月の売上は、前年比19%減

スイス・リシュモン(カルティエ)の4~9月期は、前年比25%減


そして、これらの中古品を扱う「コメ兵」も奮わず、09年3月決算が減収減益で

更に09年4~9月のバッグ・衣料品売り上げは、対前年の5%減。

時計は28%も減少しているそうです。


そして

ジャンニ・ヴェルサーチ

ジャンフランコ・フェレ

ジョルジオ・アルマーニ

のイタリアミラノ3Gのうち、2社が日本市場から撤退。



ヴェルサーチ皿




巷の噂では、ある街のヴィトンは、

今まで生花に月額45万円掛けていたのをゼロにしたとか、


とどまる所を知りませんね、


一方では

ニンテンドーDSiLL買いました! 

こんばんわ、長尾です。

ニンテンドーDSiLL買いました!

以前から購入しようと決めていたのですが、11月21日に画面があ大きくなったLLが発売ということでようやく手に入れたという感じです。

DSC03118.jpg
(ソフトはドラクエⅨとマリオカートです)

今回のDSiLLの発売は画面を大きくしただけのマイナーチェンジともとれますが、前作のDSiが発売されて売れ行きも好調だったのになぜこの時期にDSiLLが発売されたのでしょうか?

原理原則を真似る! 

長尾です。

金曜日が私のブログ担当ですが、日曜日の今書いております(笑)

先日ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。

ゴールドパスが来年の1月まで半額ということで買っちゃいました!

私は柄に似合わずテーマパークが好きなのでよくいきます。

梅田のヨドバシカメラなどもそう思うのですがUSJも昨今の不景気が嘘のように思えます。

そう考えても割高な食べ物に飲み物、土産品をどんどん購入しているではありませんか。

しかも嬉しそうに。

私もこういう場所では財布の紐が緩みます。

ヨドバシもUSJも決算書を見たわけではないので知りませんが、もちろん好況期に比べると業績は落ちているんでしょう。

でも、その減収減益に対して”底”が浅いのかなと想像ですが思います。

対前年比30%ダウンなんて言葉は今年になって何回聞いたか分かりませんが、そういった事がないのかな思います。

業種や規模も中小企業とは違いすぎて参考にならないとも言えますが、私は必ず盗む箇所はあると思います。

例えばヨドバシカメラはスタッフの商品説明が日本一とうたっています。

自社のサービスや商品に対してそう言えるでしょうか?

あるいは言えないまでもそうなるために努力しているでしょうか?

私は規模や商品数など表面的なことではなく真似できる部分はたくさんあると思います。

USJやディズニーランドもゲスト(お客様)に感動を与えるために、日々努力しているはずです。

お客様に喜んでいただくことは会社の規模や業種に関わらず必要不可欠な事です。

世の中には成功のヒントが溢れているという視点で見れば、不況なんか何とかなりそうな気がします。

少なくとも下を向いていては何も始まらない。

USJに行って気分も頭もリフレッシュできました。

それではまた次回です。

DSC03097.gif

淘汰 


曽田です。

見方は異なりますが、よく似た言葉に「淘汰」「寡占」という言葉があります。

調べてみると

自然淘汰
生物のうち、外界に適応するものは栄え、そうでないものは滅びるということ。
また、時代の流れと共に優良なものが残り、そうでないものは滅びるというように使われることも、しばしばある。
自然淘汰が生物を進化させるのではない。しかし、この点を誤解した進化論に対する批判が多く見られる。自然淘汰とは「ある生物に生じた変化が、生物の置かれた環境下で有利となるなら、その変化は残る」という機械的なプロセスに過ぎない。



寡占:(かせん、Oligopoly)は、市場の形態の一つで、ある商品やサービスに係る市場が少数の売り手(寡占者、寡占企業、oligopolist)に支配されている状態のこと。少数が一社だけである場合は独占(monopoly)、二社ならば複占(duopoly)、という。
このような市場では売り手側の参加者は事実上少数なので、寡占企業はそれぞれ、他の寡占企業の動向に敏感に反応する。


淘汰が行われ、その中で生き残った者が寡占状態を維持します。



過去、日本は人口を増加させ続けてきました。

(実は、過去何度か減少しては増やすという波はありました ex)宝暦、安永、天明期の大飢饉)

しかし、2004年の1億277万人をピークに減少していっています。

統計局の予測によると10年後には、ピーク時の96%となる予測が出ています。

さらにご存知の通り少子高齢化により、人口の年代別構造もより頭でっかちになっていくことも

明確になっています。

また、このサブプライムに端を発する世界的不況もあいまって

ますます淘汰が進んでいるのが、最近の状況ですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。