FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デフレの解決策 

こんにちは、長尾です。

最近デフレという言葉を聞かない日はありません。

デフレとはご存知のようにデフレーションの略で物価が継続的に下がり続ける現象の事です。

これに対しインフレーションの略でインフレもありますね。これはデフレとは全く逆で物価が継続的に上昇し続けることです。

さらにスタグフレーションというのもあります。

スタグフレーションとは、景気(所得)が下がっているにも関わらず物価が上昇することです。

まあ他の用語はさておき、このデフレは一体何が問題でその問題を解決するにはどうすればよいのでしょう?


スポンサーサイト

債務償還年数 

曽田です。

最近、再建計画の作成をお手伝いするケースが増えてきています。

弁護士などの専門家とチームを組んで作成するのですが、

その中でも、財務面の予測を担当する事が多いです。

特に金融機関向け資料には、その部分の裏付けを求められますので

営業面や、損益面の計画を立案後、

その計画をキャッシュの動きに変換して作成します。



その中で必ず分析して示す指標が「債務償還年数」です。

債務=借金を償還するのに必要な年数

もっと簡単にいうと、何年で借金返せるのか?という指標です。


「債務償還年数」は、次の式により算定します。


 (実質長期借入金)÷(キャッシュフロー)


(実質長期借入金)は、次の式により算定します。

(固定資産+繰延資産)-(純資産)


(キャッシュフロー)は、概ね次の式により算定します。

 (税引後当期利益)+(減価償却費)



そもそも再建計画を建てないといけない企業のケースは

借金が過多になっているわけで、これを返済するには

運転資金=7年

設備資金=10年

なんていう、教科書通りの年数で返せるわけありません。

しかし、金融機関は当然の如く、その年数で返せる計画を

書いてくれと言ってきます。


そこで 

デフォルト率 

曾田です。

5月の新緑の季節の爽やかさとは裏腹に、不況の出口すら見えない状況が

続きますね。関西では、従来の不況に加え、新型インフルエンザが経済界にも

猛威を奮いました。


帝国データバンクの倒産情報を見ていると、5月21日にとうとう倒産の概況

を伝える見出しに「新型インフレエンザ関連倒産」の文字が!


政府の対応のまずさが産んだ倒産といっても過言ではないと思いますね。


前回も書きましたが、

リスク対策はそのリスクの大きさに見合ったものでなければなりません。

政府は短時間でリスクの大きさを見積もる必要があったのに、その努力を怠り

更にリスクを大きさを見誤ることを恐れ過剰に反応した事は大きな失態です。


ところで、先日来金融機関との折衝事が増えてきています。

その原因は、サブプライム不況が最大の原因ですが、それ以外にも

姉歯事件に端を発した建築基準厳格化による不動産不況も原因です。


不動産業や建築業に、銀行が全くと言っていいほど、お金を貸してくれません。


その裏付けとして、


定額給付金がそろそろ・・・ 

おはようございます。長尾です。

間もなく定額給付金が皆様の元にやってくるわけですが、テレビやニュースでは

「GDPが何%アップする」

「意味はない」


などいろんな事が言われていますが経済にどのような影響を与えるかはさておき、我々庶民としてはいただけるものはありがたくいただくという事で話は終わってしますのではないでしょうか?(笑)

20090305k0000e040076000p_size5.jpg


「給付金もらったら何に使いますか?」という質問をまちゆく人にインタビューしている光景もテレビで見ますが今回は消費について考えたいと思います。

081201_kyufukin_g01.jpg

総量規制 

曽田です。

総量規制という言葉をご存じでしょうか?

過去に不動産バブルを弾けさせた総量規制があったり、水質の総量規制などもあるようですが、

今回の話は金銭貸付の総量規制の事です。

2007年12月19日に改正された貸金業法に盛り込まれた「総量規制」

簡単に言うと、

借り手の年収等を基準にその3分の1を超える貸付けを原則禁止する
というもの。

例外として

政令案では、
〈1〉有価証券を担保とする
〈2〉別荘や土地など自宅以外の不動産担保
〈3〉緊急の医療費――などの貸し付けは総量規制の例外とした。
法律ですでに住宅購入ローンは総量規制外としていたが、政令案で新たに自動車ローンも規制の対象外とした。

ということらしいのですが、いわゆるキャッシングや消費者金融からのローンが対象になります。

この不景気に本当に実施するのかな??

と調べてみると




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。