FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

目標はSMARTに! 

曽田です。

マネジメントの世界で言われるのが、目標の設定はSMARTなものにせよ!

という言葉。

別に洗練された目標を立てろと言っている訳ではなく

SMARTの5つの頭文字の定義にあった目標を作りましょうという事。

メルセデスSMART
↑これは、メルセデスSMART (ブログの内容とはあまり関係有りません)


その頭文字の内容は、


スポンサーサイト

ISO9001:2008改定 

JIS Q 9001:2008の発行が12月20日に決まりましたね

11月15日のISO改定を受けて35日後の発行です。

マイナー改訂ですので、この期間は妥当かな!?


このブログの最近の検索ワード第1位は「ISO9001:2008」です。

それほど、世の中で話題になってるのだなと、ということで 

ポカミス対策その2 

曽田です。

今日はISOネタ、ポカミスの続きで「ポカミス対策その2」です。

前回までの話は、

ポカミスは「心・技・体」の何れかに変調をきたした結果、発生する。それを突き詰めると、個人の私生活にまでたどり着くのだという話をしました。

しかしミスを起こした本人だけに真の原因を求めていては、再発防止にはならない、
絶対にポカミスをしないという意識を持った組織にすることが、肝心だ。

という話です。


しかし、それでも起こった時にはどうすれば良いのか?


ポカミス対策 その1 

曽田です。

今日はISOネタ、ポカミスの続きで「ポカミス対策その1」です。


前回は、ポカミスの要因には

「心・技・体」

の何れかに変調をきたした結果、発生すると書きました。

それを突き詰めると、個人の私生活にまでたどり着くのだという話も。


しかしミスを起こした本人だけに真の原因を求めていては、再発防止にはなりません。

「個人を責めて指導した」のでは、一時的に是正されたとしても、

個人を責め続けていけば、ミスを起こしたことを隠ぺいするようになります。


ミスの隠ぺいが続けば、結果的に大きな事故・ミスが発生することになります。
かのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒも言っています。
(ハインリッヒによる労働災害の経験則で、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則)

ハインリッヒ 1:29:300



では、どうすればよいのか??

ポカミスの要因 

曽田です。

テーマはISO関連で、ポカミスについて書きます。


「ポカミス」が引き起こした問題になった事例として

・株の売り注文の単価と数の取り違いによる400億円の損害

・患者の取り間違いによる不要な手術の実施

・注射薬間違いによる病状の重症化

などなどがあります。

すべて、ちょっとした確認を怠った為に引き起こされています。

なぜ人はポカミスを起こすのか?!


これは、とても身近なテーマであり、かつ、壮大なテーマです。

なぜなら、ポカミスはよく発生し、それが原因で重大事故が起きるのですが
何故か無くならないからです。


その禁断のポカミス問題に触れたいと思います。


ポカミスの直接要因には、大きく3つあるといわれています。

それは、「心・技・体」です。

心技体


の問題

 精神状態(イライラ、クヨクヨ、ストレス・・)
 意識・関心
 責任感
 達成意欲
 満足感

の問題

 知識
 技量


の問題

 体力
 体調


上記の心技体が乱れると、ポカミスが発生します。



例えば、





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。