FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

淘汰 


曽田です。

見方は異なりますが、よく似た言葉に「淘汰」「寡占」という言葉があります。

調べてみると

自然淘汰
生物のうち、外界に適応するものは栄え、そうでないものは滅びるということ。
また、時代の流れと共に優良なものが残り、そうでないものは滅びるというように使われることも、しばしばある。
自然淘汰が生物を進化させるのではない。しかし、この点を誤解した進化論に対する批判が多く見られる。自然淘汰とは「ある生物に生じた変化が、生物の置かれた環境下で有利となるなら、その変化は残る」という機械的なプロセスに過ぎない。



寡占:(かせん、Oligopoly)は、市場の形態の一つで、ある商品やサービスに係る市場が少数の売り手(寡占者、寡占企業、oligopolist)に支配されている状態のこと。少数が一社だけである場合は独占(monopoly)、二社ならば複占(duopoly)、という。
このような市場では売り手側の参加者は事実上少数なので、寡占企業はそれぞれ、他の寡占企業の動向に敏感に反応する。


淘汰が行われ、その中で生き残った者が寡占状態を維持します。



過去、日本は人口を増加させ続けてきました。

(実は、過去何度か減少しては増やすという波はありました ex)宝暦、安永、天明期の大飢饉)

しかし、2004年の1億277万人をピークに減少していっています。

統計局の予測によると10年後には、ピーク時の96%となる予測が出ています。

さらにご存知の通り少子高齢化により、人口の年代別構造もより頭でっかちになっていくことも

明確になっています。

また、このサブプライムに端を発する世界的不況もあいまって

ますます淘汰が進んでいるのが、最近の状況ですね。


スポンサーサイト

旅行 

こんにちは、長尾です。

シルバーウィークを利用して沖縄に行ってきました。

人生初のスノーケリングをしたり、海ではしゃいでいたので全身筋肉痛です(笑)

しかも、私は全く泳げないので海の恐怖との戦いでした。

最初はビビッて顔をつけるのがやっとという情けない状態でしたが慣れてくると、けっこう深いところまで行ったり、できたのでよかったです。

二泊三日でいろいろ回ったのですが、中でも古宇利島に行く際の古宇利大橋はまるで車のCMに使われるかのような景色で感動しました。
DSC02736.jpg


海は本当に感動ものでしたが、料理は正直私の口には合いませんでした。
DSC02710.jpg
見た目は美味しそうなんですけどね・・・

久しぶりの旅行で天気にも恵まれましたのでリフレッシュできました。

また今日から仕事も頑張っていけると思います。

オンオフの切り替えはやはり大事ですね。

それではまた次回です。





好きな車ジャンル別ベスト3 

こんにちは、長尾です。

連休前で頭の中はすでにバカンスの事を考えていて、ブログネタもあまり浮かびません・・・

で、今日は皆様にとってどうでもいい内容ですが、私の好きな車をジャンル別にご紹介します。

気になるMIDマシン(Netwaker,工人舎PM,Viliv S5) 

 こんにちは。システム担当大野です。

 最近、久しぶりに物欲をそそるマシンが出てきました。

 皆さんはシャープのザウルスという機種をご存知でしょうか?

 ニンテンドーDSを2回りくらい大きくした形で、インターネットも見ることのできる携帯情報端末でした。

 りなざう SL-C1000

 5年ほど前、知人が使用しているのを見たことがあります。非常に小さく持ち運びしやすいマシンでした。ただインターネットの通信速度は遅かったのを覚えています。

 で、最近このサイズで新しい機種が出たという話を聞きました。


情報編集力 

曽田です。

先日、民間初の公立中学校長の「藤原和博氏」の講演を聞きました。


藤原さんは、私が前にいた会社の大先輩にあたります。

同じく昔の会社の先輩である「樫野孝人さん」が神戸市長選挙に

立候補するということで、一緒に講演をされる場所に聞きに行ってきました。

情熱仕掛人 かしの たかひと 「神戸は変わる。」www.kashino.net


相変わらず話の上手い方だなと思いつつ、藤原さんの教育論を初めて拝聴しました。

杉並区の和田中学での「よのなか科」や「夜スペ」の実例を説明されながら

今どういう教育が必要なのかというお話をされていました。

記憶にあるのは、


口コミ 

こんにちは、長尾です。

堺筋本町においしいうどん屋があります。

ikoya.jpg


12時にいってもカレーうどんが売り切れという人気ぶりです。

私も好きで5、6回行きましたがカレーうどんには拝めず・・・

本当に流行っていて、いつ行っても満員です。

私のお勧めは釜玉うどんです。
(というかこれしか食べた事がありません)

2玉までは料金は変わらないので私的にはそこもポイント高いです!

800円くらいあればかやくご飯もセットになります。

いつも並んでいるのであれを見て口コミが広がったのかなと思います。

そして、口コミといえばtwitter(ツイッター)ですね。

twitter(ツイッター)をまだ詳しく知らない方は続きをご覧ください。


それではまた次回!

ウイルス騒動 その6 まとめ 


 こんにちは。システム担当大野です。

 のっけから脱線しますが、本日は2009年9月9日。
 999の日ということで、イベントを行っていたようです。
 1000年に1度の「999」の日

 私もメーテルに会ってみたかった。(^^;

 さて、延々続けてきたウイルス騒動ですが、まとめると3重の罠にかかっていたことが分かりました。実際、これに対処して全てのPCから駆除するのに1ヵ月半かかってしまいました。

社長の支持率 

曽田です。

先日、半期に1回お会いする顧問先の社長から相談を受ました。


それは、「社長の支持率」を調査してほしいとの事。


従来より社員の声を聴いて経営に活かそうとされる社長さんです。

日経BP社の雑誌で

社長の支持率を楽天リサーチが調査した事例が載っており

ご自分でも、自社内での支持率を知りたいと思われたようです。


この社長の支持率を調査する事自体の是非は、議論されるべき項目ですが

今回は触れません。

この構造的な不景気の打破策として、選択されたものであります。



調査の依頼はよくあります。

さすがに社長の支持率という切り口で調査するのは初めてですが、

会社の方針に対する調査

人事制度に関する調査

職場の従業員満足度調査

職場の活性度をはかる調査 

顧客の満足度調査  

電話対応力調査  などなど、

様々な切り口で調査をします。


この調査結果は、ショッキングな内容であったり、妙に納得したりと

現状を把握するには、有効な手段ですが、

落ちてはいけない落とし穴があります。


4Pの限界と4C 

こんにちは、長尾です。

前回のブログで4Pというマーケティング・ミックスの視点について書きました。

これは長年にわたってマーケティング業界でのスタンダードとして君臨してきましたがいずれも売り手の側の見方であり買い手の視点が抜けているという欠点があります。

ウイルス騒動 その5 Autorun.infとは 

 こんにちは。システム担当大野です。

 ウイルス騒動の5回目です。

---前回までのあらすじ---
 ウイルスソフトで削除したはずなのに、起動するとまたウイルスに感染している!なんで?
------------------------

 ウイルスによっては削除しても再起動をかけると再び感染してしまうものがありました。今回私が対応したkavoウイルスというのもそのタイプでした。

 これはAutorun.infというファイルを悪用する事によって、何回でもウイルスを呼び込んでしまうものでした。

 では、Autorun.infというのは何のためのファイルなのでしょうか・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。