FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Gumblar(ガンブラー)って何? 

こんにちは。システム担当大野です。

年末年始のIT系のニュースではよくこのウイルスの話題があがっていました。

簡単に言うと、このウイルスにかかると企業のHPが改ざんされてしまうというものなのですが、具体的にどういうものなのか良く分からなかったので調べてみました。

スポンサーサイト

発光ダイオード 

曽田です。

エコロジーネタで、またまたLED(Light Emitting Diode)です。
(照明のネタが多すぎだって突っ込まないでくださいネ)

今や太陽光発電とLEDは、電気・設備業界の救世主、頼みの綱です。

新築物件が極端に減って行くなかで、確実に販売数量を伸ばしている

設備といえばこの2つですね。


その電気業界の救世主の1つLEDですが、今日はその構造に触れたいと思います。


そもそもLEDは、電子部品の1つである「ダイオード」の1つの種類です。

「ダイオード」は、回路の中でどんな役割をしているのか?


それは「整流」です。


基本的なダイオードは、PNの2つの半導体(※1)を接合した構造が一般的です。

PからN側へは、電流が流れますが、NからP側へは、電流が流れにくい性質を持っています。

ですので、+から-に振れる交流の電流を、直流電流へ変えることができるのが

ダイオードなのです。

P側=アノード
N側=カソード

※1:半導体とは、電気を良く通す良導体や電気を通さない絶縁体に対して、それらの中間的な性質を示す物質

順方向
順方向の電流



逆方向
逆方向の電流

このダイオードが、なぜ光るのかというと


チャレンジ 

長尾です!

最近、会社ではなく個人から依頼を受けることが2件ほど続きました。

内容はどちらも「事業を始めたい」ということでした。

本業として、副業としてというスタンスはあるもののどちらの方も現状には満足していないようです。

常日頃からそのような事を考えていると成功イメージや良いケースばかりを想定してしまいますが、これは非常に大事なことでモチベーションの源泉にもなります。

ですが、実際に各論に落としていくと中々おひとりでは進まないというのがケースとして多いのでしょう。

このような一見「難題」に見えることも調べると解決策があったり、アイデアで乗り切れる事が多いのです。

各論レベルで問題がクリアできたということであれば後は実行に移すだけです。

もちろん大前提として

「その事業にある程度のマーケットが存在すること」
「競合他社(特に大手)につぶされないポジションに入れる事」
「資金面、人手などを考慮して継続できる」

などはクリアしていなければなりませんが・・・。

成功する、しないは様々な要素があると思いますが、まずは何かをしたい、変えたい、有意義な人生を送りたいと思う事が大事かなと思いますし、それは独立であろうが副業であろうがサラリーマンでもOLでも同じではと思います。

こういった依頼は初心に戻れる感じがして私もモチベーションが上がります。

それではまた次回です。

先週の東京出張で銀座のバーニーズニューヨークへ立ち寄りました。
ん~、どれもいい値段してました(汗)
ba-ni-zu.jpg

妄想ライセンス 

 こんにちは。システム担当大野です。

 メルマガを呼んでいると、こんな商品が注目を浴びているという記事がありました。

-----
 「架空のライセンスを発行する。」

株式会社カメレオンが商品化した8種類の妄想ライセンスが人気。

こんな資格あったっけ?と首をかしげたくなるような「巨大ロボ操縦免許証」や
「地球外生物管理局員証」など同社のサイトから注文できる。

「ヨッパライ許可証」などは自分用だけでなく、飲むことが好きな友人や
同僚などへのプレゼント用として購入するケースも。3枚2,100円から。

クレジットカードと同じ厚さのカードで、
顔写真が入って架空の業界団体の認証マークが入ったホンモノ感が漂う。

(日経流通新聞MJ 2009年1月6日 16面)

癒しのセロトニン 

曽田です。

前に書いた「鬱」の続きで

鬱にならない為の予防策です。

前回は、趣味などでストレスを中和して「鬱」状態にならないように

しようと書きましたが、

趣味の時間も取れず困っている人の為の、「鬱」予防策です。


WEBで「セロトニン」と打てば、夜空の星のごとく数多くの情報が

掲載されています。


最も詳しいのは、やはりwikipediaです。ただし難しい表現なので、

簡単に情報をまとめると

セロトニンとは、

アドレナリンと同様の脳内の神経伝達物質のひとつで、

必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。

他の神経伝達物質がそれぞれ

 ドーパミン=喜び、快楽

 アドレナリン=興奮、緊張

 ノルアドレナリン=恐れ、驚き

の効果をもたらしますが

他の神経伝達物質をコントロールし、精神を安定させる作用があります。

例えば、筋肉がほぐれたり、いい匂いをかいだり、心地よい環境、食後のひととき・・・・


いわゆる癒してくれる神経伝達物質です。


逆にセロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなります。

「セロトニン神経がしっかりしている限りは、不安が不安として意識されず、恐怖も感じられない。ところが、傷害されると不安や恐怖を克服させるものがない。このため、他人では考えられないようなちょっとした苦しみや失敗で自殺したりするようになる」

とあります。


そんな癒しの物質セロトニンを体内で増やすことで、「鬱」の対策となる訳です。

トリファンからセレトニン
↑トリプトファンからセロトニンへの変化


セロトニンそのものは、薬以外では摂取する事はできません。

セロトニンの原料は、

知的財産と人材の流出 

長尾です!

先日、青色発光ダイオード(青色LED)を開発した元・日亜化学工業の研究員、中村修二さんと日亜化学工業との裁判についての特集がテレビで放送されていました。
(ちなみに私が学生時代に家庭教師をしていてその教え子が中村修斗(しゅうと)です。ふと思いだしました。)

over_photo_09.jpg



実は私「知的財産管理技能検定」という資格を持ってまして特許や実用新案、商標、意匠(デザイン)に関する事が結構好きなんです。


年末の樫野崎灯台(閑話休題) 

 こんにちは。システム担当大野です。

 皆様はどのような年末年始を過ごされたでしょうか?

 私は今年の年末年始は潮岬と川湯温泉に行き、川湯で年を越しました。

グーグルケータイ 

 こんにちは。システム担当大野です。

 ついにグーグルケータイが発表されました。

 IPhoneの対抗馬として本命視されているグーグルケータイですが、名を「Nexus One」というそうです。

2010年寅年 

曾田です。

明けましておめでとうございます。

2010年寅年になりました。

今年は、

2月には、バンクーバー冬季オリンピック

5月には、上海国際博覧会

8月には、南アフリカでサッカーワールドカップ

とイベントも目白押しです。

そして、今年の干支は「庚寅(かのえとら)」

この歳の特徴は

「この生れの人は、騎虎といいます。千里を走る虎です。非常にあわただしい性格の持ち主です。何事もぐずつくことが嫌いで、一足飛びに物事をかたづけようとします。難関があっても無理に押通して、事を貫こうとするので、反感を買うことが多い。家庭的に苦労が多い人もいます。気性から、逆境の時も長いが、いったん順風に乗ると次から次へと計画が急速に実を結ぶ運勢を持っています。親分肌で、発明的、常に新しい物を追います。名誉心は強い。」


過去の寅年を紐解くと



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。