大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ 

曾田です。

今や話題の中心は、新型インフルエンザですね。

このブログを阪急今津線車内で書いておりますが

社内のマスク着用率は、90%でしょうか?

マスクをしていない人を探すのが大変なくらいです。


今日は、ユニフォーム販売会社を訪問してきましたが

この会社は、以前からパンデミック関連商品を扱っておられ

フルプロテクトのマスクも販売しています。

もちろんマスクは売り切れ状態、メーカーから数十ケース入荷しても

店頭に置けば数時間で完売状態のようでした。


神戸、大阪は、インフルエンザの恐怖に飲まれている状態です。
皆様の会社では、インフルエンザ流行をリスクとした、BCPを立てておられますか?

内閣府や中小企業庁の作ったBCPのうち、インフルエンザ対象の計画は

当初心配されていた鳥インフルエンザで、強毒性の死亡率の高いものに対してです。

BCPでは、リスクの大きさにあった対策を考えることが必要とされていますが

インフルエンザに関しては、強毒性のインフルエンザしか想定していないと思います。


今回のインフルエンザは弱毒性にもかかわらず、その感染力の強さを懸念したWHO

の勧告が、その病原菌の強さをあまり考慮していない事(メキシコでの死亡報告に

つられたか?)に端を発して、大騒ぎになっているのではないでしょうか?


昨日大阪府知事の橋下氏もおっしゃられてましたが、インフルエンザ流行に対する行政の

施策もすべて、強毒性のH5N1亜型ウイルスによるインフルエンザを対象に想定しています。


確かに高熱が出て、中には死に至る方もおられるのでしょうが

H5N1のように発症された方の多くが死亡するのとは、危険度が大きく違います。
(鳥インフルエンザは、アジアで2003年後半以降、133人が鳥インフルエンザに感染し、68人が死亡)

パンデミック




兵庫、大阪府下の学校のほとんどが、今週すべて休校

今日のニュースでは、味の素が、関西地域への出張も関西地域からの出張も、当面禁止とのこと。

私どもも来週実施予定のセミナーの開催をどうするか判断する必要が生じております。


このままだと、疲弊した関西経済に大打撃です。インフルエンザ倒産が起きそうです。


厚生労働省には、勇気を持って、リスクにあった対策を打ち出してほしものです。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。