大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

目標はSMARTに! 

曽田です。

マネジメントの世界で言われるのが、目標の設定はSMARTなものにせよ!

という言葉。

別に洗練された目標を立てろと言っている訳ではなく

SMARTの5つの頭文字の定義にあった目標を作りましょうという事。

メルセデスSMART
↑これは、メルセデスSMART (ブログの内容とはあまり関係有りません)


その頭文字の内容は、


Specific ・・・ 設定されたテーマは具体的か?

Measurable ・・・ 達成(測定)判定な可能な目標か?

Achievable ・・・ 達成可能なものか?

Result-based ・・・ 成果に基づいて設定されているか?

Time-oriented ・・・ 期限は設定されているか?


以上の5点を加味した目標を設定して下さい。



最近のコンサルで思う事、品質目標の設定で、あまりに手段系に寄っているものが

多い気がします。

手段系と目的系、

例えば売上金額は目的系の目標ですね。

それに対して、売上目標を達成するためにする行為(訪問件数、DM配布、見積件数)など

目標達成のプロセスを目標とするのが手段系目標です。



手段系目標が悪いわけではないのですが、

手段系目標を達成して評価されているのに、その組織のパフォーマンスは出ていない。

なんてことになれば、目標の設定に問題があります。

手段系を目標にするのであれば、求められるのパフォーマンス成果の整合性を

検証して、見直しながら運用する必要があります。



スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。