大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランド力 

曾田です。

今日はブランドの話。

と言ってもファッションブランドではありません。

いわゆる企業ブランドの話。

私は今年で44歳ですが、私にとってパソコンメーカーのブランドと言えば

中学生から高校生時代に知ったアップルやIBMであり、

そして大学時代に愛用したNEC、Fujitsu、

TOSHIBA(Dynabook)です。

やはりSONY(VAIO)、Panasonic(Let’sNOTE)は、後続ブランドであり

DELLやHPやエイサーなどに至っては、自分の中では

ブランドという範疇にははいらないですね。


「ブランド力とは」を、ググると

はてなキーワードで、すっと入ってくる答えがありました。

消費者に「このブランドだけは特別」と思い込ませる力。
消費者の心を惹きつけ、購買に至らせ、買い続けてもらう力。


なるほどわかりやすい。

ある特定の分野で、会社名だけで安心して購買できるものです。

これを、家電の分野で考えると、


私の中では、

パナソニック(ナショナル)、日立、東芝、三菱電機、ソニーが、5大ブランドで

三洋、シャープは、新興企業のイメージが今でもあります。


私の親はもっと顕著で、下記2社のものは

格下扱いで、一切買おうとしません。


生活に密着した物を買うときは、どうしても「安心」できるものを買おうとするものです。

その安心は、ブランドとして意識されますが、

人がブランドを意識する感度と年齢は反比例するように思います。

人の感性(いや記憶力かもしれない)が鈍くなるとともに

固定化して、ある程度上の年齢の人に、ブランドイメージを植え付けようとしても

効果がないようです。

逆に子供に対してブランドイメージを植え付けるのは、その柔軟性からくる

ブランドイメージの意識残存力を考えても、またその後の効果時間を考えても

より効果的です。


企業の行う投資活動として

子供に絞ってその企業のイメージをより鮮明に植えつける事ができれば

大成功と言えますね。



最後になりますが

なぜ、今回この記事を書こうかと思ったかと言うと

小学4年生の科学好きの息子が、シャープの小学校環境教育を受けてきて

http://www.sharp.co.jp/corporate/eco/kyoiku/index.html

その内容を活き活きと話してくれたことが発端です。

彼にとってシャープという企業は、環境対策や太陽光発電の最高の企業として

ブランド化され、それは生涯続くのだと思います。


車のブランドといえば、やっぱフェラーリでしょう!!(個人的趣味ですが)
F430
F430
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。