FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

android搭載のMID(SmartQ5) 


 こんにちは。システム担当大野です。

 今週は何なんでしょうか?

 ・9/30 AM3時ごろ、南太平洋サモア沖でM8.0の地震
 ・9/30 PM7時ごろ、スマトラ沖でM7.6の地震
 ・9/30 円高 1ドル90円を割る
 ・10/1 株安 終値1万円を割る

 地震はあるわ、経済は変動するわで大きなニュースが続いています。

 何か気になる日々です。

 さて、前回小さなマシンを3つ紹介しました。今回はその詳細をお伝えしようと思っていたのですが、実物を持っているわけではないのであまりお伝えする内容がありません。予定を変更して、別の気になるマシンを紹介します。



 coviaというメーカーから、SmartQ5という商品が出ています。

 SmartQ5


 寸法は120x74x14といいますから文庫本よりさらに一回り小さいサイズです。(ちなみに文庫本はA6(148x105)サイズ)

 これはキーボードがない本体です。前回のViliv S5のようにソフトウェアキーボードを使うのですが、重さが160gと非常に軽いです。iPhoneに近いです。(iPhoneは133g)

 OSはAndroidを言うのを載せています。AndroidというのはGoogleが開発した携帯用OSなのですが、使用料が無料ということで少しずつ端末が出始めているOSです。(日本ではまだdocomoだけです。)

 で、本体価格が19,800円。前回紹介したMIDと比較すると安いです。

 この商品が気になるのは理由があります。実はこれもともと中国のメーカーで作成されているのですが、中国ではUbuntuというLinuxOSが搭載されて出荷されています。ということは、購入後自分でOSを入れ替えてLinuxマシンとして使えるということなのです。

 また、Androidとデュアルブートにして、OSを使い分けることもできるそうです。こういう、いろいろと遊ぶ余地のある機械の事を趣味の言葉でデジタルガジェットといいます。これは安い!軽い!遊べる!と、まさにそのストライクを突いたマシンといえます。

 このマシンは無線LANは内蔵していますが電話機能はありません。そういう意味ではiPhoneには劣ります。しかし、これにeモバイルの通信端末をつければ、インターネット端末として非常に遊べそうです。

 次のバージョンくらいで、3G端末用のSIMスロットが内蔵されれば即買いだと思ったマシンでした。

 ※これは少しマニア向けの製品ですね。普通の人ならiPhoneを買いますね。(^^;

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。