大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CULVノートとは? 

 こんにちは。システム担当大野です。

 いよいよWindows7が発売され、各メーカーもこのボーナス商戦を狙って新型ノートを発売し始めました。

 私も先日知人が新しいノートを購入したいというので電気屋までお付き合いしました。

 すると奇妙なことに気づきました。

 電気屋が一番PRしているノートは、だいたい15万円クラスのA4ノートで、地デジが録画できて編集もできますよーってやつです。

 ところがモバイルノートでWindows7搭載で10万円前後のものも置いているのです。今までならモバイルはA4ノートよりさらに高めという印象があったので、新型なのにいやに安いなと思ったのでした。


 家に戻って調べてみると、今回のWindows7の販売では、CULVノートというのが一つの注目機種になっているようです。

 CULVとは、Consumer Ultra Low Voltageの略で、インテルがモバイルノート用に開発した低電力CPUのことを指します。この10月のWindows7の販売にあわせて各社がこのCPUとWindows7を組み合わせたノートを発表しているようです。

 昨年、ネットブックというのが流行りました。これはWindowsXPを搭載し、スペックも若干低めでした。利用目的はあくまで持ち歩いてネットとOfficeくらいが扱えればよいと限定したものでした。
 それで値段が3万から6万と安く設定したもので、よく売れたと聞いています。

 今回のCULVノートはその後継に当たるものになります。値段は10万円前後で、OSはWin7、CPUもATOMという性能を落としたものでなく、インテルが新しく作った物を使います。ということで安い、早い、軽いの3拍子が揃ったものを目指すいうことでした。

 富士通のCULVノート

 富士通のCULVノート

 今までのネットブックのスペックのハードウェアにはWindows7 Starter EditionというOSを載せて、今までと同じ価格帯で出すようです。

 Windows7もまた使ってみたいです。

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。