大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

組織階層別働き方指針 

曽田です。

私は、コンサルティングを生業にしていますので、

日々の自分の精進が、クライアント(顧客)の業績向上に繋がると信じて

新しい考え方、仕組を吸収するようにしています。

最近ハマっている先生の一人に、井崎貴富先生がいらっしゃいます。


井崎貴富


「革真塾」を福岡を中心として、宮崎、長崎、大阪、名古屋、東京で開催されており

大阪の革真塾に何度かお邪魔しました。


井崎先生は、ペガサスクラブの渥美俊一氏に10年師事し、

チェーンストアの真髄から、資本主義の原理原則を理解され

それらを体現されている方です。

主に欧米の成功事例とアメリカのチェーンストアの展開戦略を

紹介されながらセミナーを展開されています。


まずその話術に惹かれました。

話術というと、口先三寸のような誤解をされますが、

そうではなく、自分の命を削りながら後世の為に伝えていただいている

そんな熱の籠った、心に響く話術です。

午後の講義だけで、75分×4=300分(途中15分休み3回)

あるのですが、私が出来たとして75分×2回が限界だと思います。

井崎先生は原理原則を理解してもらうために、時には大げさに

時にはジョークを交えて、話を伝えていきます。まったく頭の下がるセミナーです。


次に本音の話であること。

事業(ビジネス)をはじめる人間は、やはり自分が成功して

お金がそれなりに欲しいもの。

他の経営者セミナーでは、従業員満足や滅私奉公的な経営を求めますが

それは絵空事だと切り捨てます。


そんな先生の講義を11月14日に受けた中で、

成程と思った内容が、


従業員から経営者までを4階層に分けて、

それらに必要な行動指針をまとめておられました。

全部を書くと、怒られそうなので、掻い摘んで書くと
(更に言葉を自分流に変えています)

階層        職務概要        仕事とは   仕事時間

経営層       決定           生活の全体 週7日

マネジメント層   マネジメント      生きがい   週6日80時間

リーダー層     実力で職務を委任  やりがい   週6日60時間

一般層       作業           生活の一部 週5日40時間



すごく分かりやすと思いませんか?

私のイメージもまさに同じです。

右欄の仕事時間は、その時間だけ会社にいるのとは違います。

その時間分、仕事の為に使っているかという事です。

世の中、法定労働時間週40時間だから、それが全労働者当り前で

土曜や日曜日に、仕事の事を考えたり、調べ物をしたりするのは、

それをしなければならない環境が理不尽だと考えている中間管理職の

方がたくさんおられるかと思います。


それも一つの考え方、生き方だと思いますが、

上に行きたい、もっと稼ぎたいと思っている方で、そういう考え方を

されている方がいれば、是非改めてください。


別に体を壊すまで仕事をしろと言っている訳ではありませんし

遊ぶなと言っている訳でもありません。


ただ、自分の人生の中で仕事をどう位置づけ出来るかで、

将来が変わってくるものと思います。

今日はここまで、・・・。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。