FC2ブログ

大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

起きたら欲しいアプリあった 

こんにちは。システム担当大野です。

ここのところ、IT業界ではやれクラウドだのやれTwitter(ツイッター)だの、新しい用語やサービスが出てきています。脳みそが老化現象を起している私は置いてきぼりを喰らいかけています。

今回は、ある人がTwitter上で「こんなアプリはないのかな・・・」とつぶやいたら翌朝にはなんとそのアプリがアップされていたというお話です。


元ねた

Twitterのつぶやきをまとめたサイト

流れをまとめるとこんな感じです。

Aさんのつぶやき (2/7 22:19)
ポメラ(キーボードが大変使いやすい携帯メモ書きツール)を使って書いたメモをTwitterにアップしたいのだけど、こんなアプリはないのかな?」
それを見ていたBさんのつぶやき (2/7 22:24)
「明日には誰かが作ってることに期待!」 半ば冗談で書いているようです。
それを見たプログラマーのCさんのつぶやき (2/8 1:32)
「最低限の機能でマーケットにあげました。」 早!しかし、Bさんがテストするとバグがあったようです。
Bさんのつぶやき (2/8 1:36)
「起動したら死にました。」

・・・ここからバグを取るためにTwitter上でああでもないこうでもないとやり取りがなされます。2:30ごろまでやり取りされていたようです。

そして、朝を迎えます。
Aさんのつぶやき (2/8 7:47)
「大感謝! 起きたら欲しいアプリがあった!」
「twitterのスピード恐るべしです!」

と、夜につぶやいたら朝には誰かがそれを作ってくれるという、今までは考えられなかったスピードでアプリが作成されました。しかもそれはTwitterだけでつながっている顔も知らない者たちのネットワークで作られたのです。

実はこういうことが可能だったのはいくつか理想的な条件が重なっていたためといえます。

・アプリをAndroidというGoogleが出した携帯OS上で作成したこと。
・Androidの特徴としてオープンソースのライブラリが豊富で、今回のアプリに必要な主な機能はそのライブラリが流用できたこと。
・さらにAndroidの特徴としてインテントという機能があり、それを使えば簡単にライブラリを呼び出すことができたこと
 →プログラミングが非常に短時間でできた。
・AndroidアプリはAndroidマーケットというサービス上で公開できるのですが、Androidマーケットは審査が無くすぐに公開が可能であったこと。
 →iPhoneアプリは審査があるため公開するまで数日のタイムラグが発生する。

今回の件は、Twitterによる新しいコミュニケーションの姿と、AndroidOSの長所を見せ付けた出来事だと思いました。

こんなアプリがないのかな?
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。