大阪 堺筋本町のコンサル

大阪の堺筋本町に本社を構えるテレワークのコンサルタント部4人が運営するブログです。自らに毎週(月水金)と画像を添付するという条件を課しました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チャレンジ25 

曽田です。

今日のテーマは、「チャレンジ25」。

今ちょうど、冬季オリンピックですが、

昔のオリンピックの標語「チャレンジニッポン」とは違います。


そう、鳩山総理が就任直後に国連スピーチでやらかした

CO2 25%削減(1990年比)の為の活動の名称です。


以前、「チーム・マイナス6%」というのがあったのをご存知ですか?


京都議定書の日本の削減目標である6%を目標とした「チームマイナス6%」

その活動に参加表明をした企業のホームページや名刺、パンフレットに

↓このマークを見た方も多いかと思います。

マイナス6


今は、休止ページとされた(閲覧可能だが更新はしていない)によると

チームマイナス6%とは-----------------------------------------------
深刻な問題となっている地球温暖化。人類が繁栄した結果、CO2などの温室効果ガスが増え、地球の温度が年々上昇しています。世界各地では、この地球温暖化によって様々な影響が現れ始めていて、例えばすさまじい台風や豪雨で大きな水害が起こったり、逆に雨の降らなくなった地域もあって、植物が枯れてしまったりしています。温暖化による異常気象が、各地で報告されているのです。

この解決のために世界が協力して作った京都議定書が2005年2月16日に発効され、さらに2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。
世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減すること。これを実現するための国民的プロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。
----------------------------------------------------------------------

京都議定書だと、

先進国で同意した国について、2012までには5%ダウン(1990年比)

することが目標となっていました。

それが何故か、1990年比較で25%ダウンすると言い出した鳩山総理。

その為、


チーム・マイナス6%は解散(?)となり、とうとう

チャレンジ25が始まったのです。

チャレンジ25




しかし、何故「チャレンジ」なのでしょうか?

みんなで6%削減を達成するぞという意思を込めた「チーム」という言葉をやめ

「チャレンジ」という無責任な言葉に変えた理由、誰か知りませんか??


民主党の政策って、「取りあえず」、「まずは」というふうな

形容詞がつくこと多くありませんか?

どれも無責任な感じがしてしまうのは、僕だけでしょうか??


ちょっと愚痴ブログになってしまいましたが、開発途上国の削減分(日本関与分)も含めた

1990年比較でCo2の25%削減には、経済原則を考えていては達成できないでしょう。

国が強引にお金を突っ込んで達成すべきものです。

やっぱ「チャレンジ25」より「何がなんでも25%」ぐらいの強引さがないと

達成できないのではないですか?鳩山総理!!

今日はこの辺で、
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。